IR誘致合戦となっているのですが、完全に誘致先と決定をするのは「横浜」に決定かな?と思われるニュースが入ってまいりましたね。

横浜は市民の反発が大きいので、どのようになるのか?とか、またカジノ賛成となると市長のリコールも充分にあるという事で横浜はないかも・・・となっていたのですが、まあ横浜がここにきて最有力となった気がしますね。

ドナルド・トランプ、安倍晋三などの政治的な側面が非常に大きく作用をしているようです。

トランプ大統領の最大級のスポンサーで、大統領選に2000万ドル、大統領就任式に500万ドルを献金したのが、米やシンガポールでカジノを展開するラスベガス・サンズのシェルドン・G・アデルソン最高経営責任者(CEO)だった。

横浜がIR誘致を表明した22日、サンズはホームページで「大阪でのIRは追求せず、東京と横浜での開発機会に注力する」と、発表した。

引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190827-00010001-socra-pol

この文章を読んで頂いてわかる通り、サンズは日本に参入をしたがっているのですが。。。そのサンズが「大阪でのIRは追及せず」と発表をしているところがミソですね。

ここから、横浜で決まりかな?という推測がくるというわけです。

政治的な側面と一緒に考察をしていくとオカルト的なお話とか陰謀論的なことにもつながるのか?と思いながら、IRの裏側の人間関係の観察もしていくと面白いかもしれません。

カジノが日本にできても・・・ねえ・・・

ジノに日本が出来ても・・・ねえ・・・

という意見も反対にあります。まあ、カジノは箱物で建設費用も莫大でお金がかなり動くので、それが欲しいという人は多くいます。

建設会社なども、相当にこの仕事を獲得をしようと思っているとかいないとか。

でも、この箱物をいかにマーケティングをして運用をしていくのかというのは困難なのではないかと思ったりするわけです。

世界的にもオンラインカジノに移る人が多いのに

界的に見てもオンラインカジノが優位です。

ランドカジノがある国とかランドカジノの運営企業界隈でも、「カジノ離れ」という事が叫ばれて久しいのです。

個人的には、「カジノゲームが好きでギャンブルが出来ればそれで良い」って層もかなり多いと思うので、その層は殆どがオンラインカジノに流れると思うわけです。

オンラインカジノは拡大をし続けていますからね。

日本にランドカジノが出来ても正直なところ、「人と会いたくない」っていう現代的な新時代の富裕層も多くなっているので、カジノゲームをしたいだけなら、わざわざランドカジノに行く事もないかと思うわけです。

「カジノにしかないラグジュアリーな雰囲気を楽しむのが目的だからオンラインカジノとランドカジノは全く異なる」という意見もあるのですが、そのような人がいないと言っているわけではありません。けれども、以前に比べて間違いなく「オンラインカジノで満足」という層が非常に多くいると思うわけです。

オンラインカジノで一足先に本物のカジノを楽しんでみたい方いませんか?

ンラインカジノで一足先に本物のカジノを楽しんでみたい人はいませんか?

オンラインカジノならスマホ、パソコンで24時間いつでも本物のカジノディーラーとカジノゲームを楽しむ事が出来ます。

2019年の今の時点では日本にお金を賭けて遊ぶことが出来るカジノはありませんので、オンラインカジノで本物のカジノを体験をしてください。

当サイトに紹介をされているオンラインカジノの中でとりあえず登録をして入金をしなくてもボーナスチップが貰えるオンラインカジノという事で人気なのがクイーンカジノです。

登録をするだけで30ドルの入金不要ボーナスを貰う事が出来るので、是非、この機会にクイーンカジノからオンラインカジノを試して頂けたらと思います。