オンラインカジノの運営の構造の詳細

オンラインカジノの運営の構造について詳細に解説を致します。オンラインカジノサイトの運営と言っても、オンラインカジノ運営者だけで完結をしているものではありません。

まず、オンラインカジノサイトの運営について知っておいて頂かなければならないのは、オンラインカジノサイトの運営者はオンラインカジノサイト内のカジノゲームのプログラムを、オンラインカジノのソフトを開発をしているゲーミングプロバイダーから使用の契約をして、オンラインカジノサイトの運営をしているという事です。

なので、各オンラインカジノサイトがそれぞれ個別の異なるオンラインカジノのゲームを開発をしているわけではないという事です。

例えば、ジパングカジノ」と「ウィリアムヒルカジノクラブ」というプレイテック系カジノがありますが、この両者はプレイテック社からオンラインカジノのソフトを借りて運営をしていますから、いづれに登録をしてプレイをしても同様のカジノゲームをプレイする事しか出来ません。



オンラインカジノサイトは何で差別化をしているの?

上記に述べたプレイテック系カジノサイトの「ジパングカジノ」、「ウィリアムヒルカジノクラブ」が同様のプレイテック社のカジノゲームしか出来ないという事は、どちらに登録をしてプレイをしていても、ゲーム性は全く変わりません。

では、このようなオンラインカジノサイトはどのように差別化を図っているのでしょうか?

初回入金ボーナス、入金ボーナスイベント、カスタマーサポートの質

オンラインカジノサイトは、それぞれ初回入金ボーナス、各月のイベントのボーナスオファー、カスタマーサポートの親切さなどで差別化を図ってオンラインカジノの運営をしています。

本当に重箱の隅をつつくようなことでしか差別化が出来ていないというイメージになるかもしれませんが、案外とオンラインカジノをプレイしていると、この重箱の隅をつつくかのような差別化が案外と重要なものなのです。

ただ、ゲーム性は同様のプレイテック社のオンラインカジノのソフトを使用しているのであれば、もちろんカジノゲーム自体は変わりは全くありませんから、いづれでプレイをしても全く同様のカジノゲームをプレイする事になります。

スポンサーリンク

ボーナスオファーが最も差別化ポイントというのが現状

現状の同様のオンラインカジノソフトを使用したオンラインカジノサイトの場合の差別化のポイントで最も重要視されており、分かり易いのが初回入金ボーナスの多さがプレイヤーに分かり易いものとなっています。

上記に説明をしてきた「ウィリアムヒルカジノクラブ」と「ジパングカジノ」の例で言えば、ジパングカジノの方が「初回入金ボーナス」、「入金ボーナスのプロモーション」に関してはダントツで上になっています。

特にスロットをプレイをしてジャックポットを狙っているプレイヤーにとってはジパングカジノがウィリアムヒルカジノクラブよりも優れているという評価をされているいます。

まとめ

ごく簡潔にオンラインカジノの運営の構造について解説をしましたが、あまり難しい事はありませんから、簡単にご理解を頂く事が出来たのではないでしょうか?

初回入金ボーナスなどを利用をして、お得にプレイをしたり、登録後のボーナスオファーの多いオンラインカジノサイト選んだりして、とことんお得にオンラインカジノを楽しんで頂ければと思います。