そこまで資金が潤沢にあるわけではないので、ハイリミットバカラでなくても良いので、ベラジョンのライブカジノの「カジノ・パリス」でライブバカラをプレイする事にしました。

ライトに楽しむのであれば、正直ベラジョンの「カジノ・パリス」程度のテーブルリミットがあれば充分です。

ちなみに勝負をしたのは、Baccrat Aのテーブルで、mini1ドル~max5000ドルのテーブルリミットです。あ、ちなみにプレイをしていたらカードシャッフルが入りましたので、Speed Baccaratのテーブルに移動をしました。個人的にシャッフルの時間はあまり好きではないので、シャッフルが入ったらテーブルを移動をします。

資金的には1300ドルがベラジョンのアカウント内にあったので、それを、どれだけ増やせるのか?って事で勝負をしていく事にしました。

やはり、どうせバカラをプレイするのであれば勝ちたいというか、資金を少しでも増やしたいので、なるべく戦略を考えて自分が確定をしたルールに乗っ取り淡々とプレイをしていく事が重要です。

長時間プレイをすると高い確率で勝てないという事がありますが、個人的には短時間勝負はしないので、10ドルからベットをする事で、基本はマーチンゲール法を使います。

当サイト ベラジョンカジノの紹介・詳細→こちら

スポンサーリンク

ねずみ的、バカラの勝負ルール

  • 基本はマーチンゲール法を使用
  • 闇雲にバンカー、プレイヤーを動かさない
  • 勝つまでは同様の方向にかけ続ける
  • 勝ったら、反対側にベットをする

色々なベット方法はあるのですが、やはり基本的にはマーチンゲール法の応用ですから、マーチンゲール法の弱点とか、メリットとか、重箱の隅をつつくような事は考えません。

基本的には、どのような事を言っても、資金が増加をしていくというのは、それだけ勝った回数が多いという事にほかなりません。ようは、マーチンゲール法を主体にしながら、いかに資金コントロールをしてショートしないように管理をしながらバカラというカジノゲームに参加し続けるのかという事が重要なわけです。

なので、ダランベールが良いとか、ココモ法が良いとか、逆マーチンでしょ?なんて事はあまり細かく追求はしません。結局マーチンゲール法を主体にしていても、状況によって方法を変化させていくと結局は逆マーチンになっていたりします。

考え方として、知るのは良いのですが、カジノ攻略法などは、結局のところベット額の増加のさせかた、減らし方というだけの話ですから、あまりに攻略法マニアになっても案外と意味としてはあまり大きくはありません。

バカラは結局は運

ある程度の基礎的なベット方法が分かれば、一時的には確実にバカラで資金は増えていきます。けれども、どこかで負け続けたりするという状況が出てきます。

その状況をいかに乗り越えるのかというのばバカラで勝つために重要な事です。しかし、その状況は結果論として後々分かるという事で、それをプレイをしている段階では分かりません。その判断が正しいのか、正しくないのかという事は事前には分からないのです。

だから、基礎的な事を知ってプレイをしていようが、攻略法マニアであろうが、その方法論を知っていてもそれが適合をするかという事は、やはり運であるのです。

なので、最低限基本的な攻略方法であるマーチンゲール法を使ってプレイをしていき、感覚的に資金の調整をどのようにしていけばより効率的になるのか?という事を微調整をしていく事をしていると、巷の攻略法に近づいていくわけです。結局はベットの額を多くするか、少なくするかという調整をするという事以外に出来る事はないのですから、あまり細か過ぎる攻略法を知っても、現実的にあまり意味がないという事も多分にあります。

なので、まあ結局は運なのですが、運を掴むための努力をするかしないかという事で、高い勝率の人と、そうではない人に分かれるという事も事実です。

少なくとも基礎的な確率論的な事は勝つために学んでおくと、より勝てる考え方が出来るという事は間違いない事であると思います。

オンラインカジノのバカラはシンプルなゲームで勝つためにどのようにしたら良いか?という理屈的な事が端的に理解をする事が出来るので、バカラの攻略を考えていると、実際の生活の中、仕事の中でいかに効率よく勝つのか?とか勝ち方という事が分かってきます。

だから、ある程度勝つためのバカラをプレイをしながら理屈的な事も入れていくと実生活の中でより稼げる選択はどのようにすれば良いのかという事が理解をする事が出来てきますから、バカラというギャンブルという捉え方だけではなく、確率論的に考えて実生活にも適用をする事が出来ていくと仕事なども上手くいくのではないかと思います。

カジノ攻略法を簡易に分かり易く端的にまとめました→こちら