最近よくオンラインカジノという言葉や、ネットカジノという言葉を耳にする事が多くなっていませんか?

オンラインカジノは特段怪しいものではありません。オンライン上で、つまりはネットの繋がるパソコン、マック、iphone、アンドロイドのスマホ、タブレットなどのモバイル端末で本当にお金を賭けてプレイをする事が出来るのがオンラインカジノです。

スポンサーリンク

オンラインカジノとは?

オンラインカジノとは本当にお金を賭けてプレイをする事が出来るネット上のカジノの事です。

いまやランドカジノ(マカオ、ラスベガス、シンガポールにあるような実店舗のカジノ施設の事)よりもオンラインカジノの方が人気となっているというのが現状です。

日本国内ではカジノはありませんし、日本の企業がオンラインカジノを運営している事もありません。

だから、日本人にとってオンラインカジノはまだまだ馴染みが薄い存在ですが、世界的に言えば超メジャーなものであり、日本人の感覚で言えばオンラインゲームと同様の感覚で海外のプレイヤーはプレイをしています。

オンラインカジノでは実際にお金を賭けてプレイをする事が可能です

オンラインカジノでは実際にお金を賭けてプレイをする事が可能です。

どうやって、オンラインカジノ内でお金を賭けるのか?と言えば、オンラインカジノサイト内のチップを購入し、そのチップでオンラインカジノサイトの内のスロット、バカラ、ブラックジャックなどのカジノゲームをしてチップを増やしていきます。

もちろん、オンラインカジノサイト内で増えたチップは換金をする事が出来ます。

チップを購入すると言ってもどうやって?

クレジットカードVISA 入金 オンラインカジノ エンパイア777チップの購入は課金制のゲームをプレイするのと同様で、クレジットカードでチップを購入をする事が一般的です。

ただ、もともと国籍が日本人で、クレジットカードを日本のクレジットカード会社で取得をしたカードではチップを購入をする事が出来ないという場合も多いです。

その際には、ecopayz、iwalletという決済サービスを利用をしてチップを購入します。

ecopayz、iwalletに登録をするとオンラインカジノサイトへの入金以外に、Master、VISAのクレジットブランドのついたプリペイドカードを発行してもらう事が出来、そのプリペイドカードを使用してATMでiwallet、ecopayz内の現金を出金をする事が出来ます。

オンラインカジノを快適にプレイをする際には、最も手数料が安く、オンラインカジノをプレイしている人は絶対に取得をしているものですから、最終的にオンラインカジノで遊んでいく方は、必ずecopayz、iwalletというような決済オプションを使っています。

また、ビットコインの入金・出金をする事が出来るオンラインカジノサイトも今後増えていくと思われます。

オンラインカジノは怪しいサービスではないのか?

2363_tp_vオンラインカジノは怪しいサービスではありません。ただ、不良業者がいないとは限りません。

オンラインカジノ自体は怪しくないとしても、そのオンラインカジノサイトが本当に安心してプレイをする環境が整っているのか、そうではないのかは、あなたが興味を持ったオンラインカジノサイトのことをネットで調べて、トラブルなどがない事を確認をした上で登録をしてプレイをするようにしましょう。

オンラインカジノを運営をしている企業は株式上場をしている企業も増加をしており、スポーツチームのスポンサーをしたり、モータースポーツのスポンサー、イベントスポンサーなど社会的な活動もしっかりとしており社会的に信頼性の高いオンラインカジノ運営企業もたくさんあります。

なので、オンラインカジノは業界的にかなり認知をされているものであるという事を知っておいて頂ければと思います。

 

>株式上場をしているオンラインカジノの運営企業一覧→こちら(準備中)

オンラインカジノは世界中にプレイヤーが存在しています

オンラインカジノオンラインカジノは爆発的なスピードで全世界に認知されはじめています。

様々な国の言語、カスタマーサポートを用意をしており、国境を越えてカジノゲームをプレイする事が出来る最高のエンターテイメントとなっています。

また、各国で賭博は禁止となっている国でも法的にオンラインカジノ自体をプレイする事が問題にない国、もしくはグレーゾーンの扱いになっているような国もあります。

ただ、基本的にオンラインカジノ運営企業の運営が合法的でないという事ではありませんし、良くない事をしているというわけでもありませんから、その点を勘違いしないで頂ければと思います。

オンラインカジノの合法的な運営を支える運営ライセンスの制度

オンラインカジノの運営が合法か、そうではないかという点で、とりわけオンラインカジノサイトの運営企業の健全性、合法性を支えるのがオンラインカジノの運営ライセンスの制度にあります。

オンラインカジノの運営ライセンスはカリブ海などの島にある小国の政府が出しているという事が多いです。

そのような国はオンラインカジノ、金融取引が主な税収源であるという事も少なくありません。

国家の政府が正式に認可をして、その国の企業としてオンラインカジノの運営を認めるのです。オンラインカジノの運営について国際問題となった際に、そのライセンス発行国は問題の解決に積極的に取組むという事を前提として、国としてオンラインカジノの運営を認めてオンラインカジノの運営企業にオンラインカジノの運営ライセンスを発行しているのです。

 

>オンラインカジノの運営ライセンスについて詳細→こちら(準備中)

日本国内でオンラインカジノをプレイしても良いの?

日本国内でオンラインカジノをプレイしている人はたくさん存在をしてます。既に数十万人というオンラインカジノのプレイヤーがいると言われています。

オンラインカジノを規制をする法律は現在の名文上(法律の条文、関連法)には規定がありません。ですから、法律的には適合をしているという事が言えます。だから、純粋な法理論の問題としてオンラインカジノに問題があるとは言い難いというのも事実です。

法律の専門家である弁護士によっても意見が分かれるところなのでが、ただ基本的なオンラインカジノの適法性の問題というのはそもそも議論をして適法かそうではないかを争うという事自体がナンセンスで法制度として規制をするのであれば規制をし、しないのであれば法規制をしないという事が最も重要です。

現在のところ罪刑法定主義を採用をする日本国内に於いて、名文の規定がない以上、また刑法は憲法を根拠法として類推解釈の禁止がありますから、オンラインカジノが日本の賭博法に採用をされるという事は法理論としてはあってはならない事です。

ただ、2016年3月に「スマートライブカジノ(スマトラ)」で日本国内でオンラインカジノのプレイをしていた男性3人が逮捕をされたというニュースがあり、それが日本国内のオンラインカジノのプレイヤー、海外オンラインカジノ運営企業、オンラインカジノのマーケティングに関わる企業、アフィリエイターに衝撃を与えました。

この逮捕は常習賭博という略式起訴となり20万円程度の罰金刑となりました。この略式起訴というのは裁判という厳格な司法手続きをなしに一応罰金を科す事が出来るという手続きです。軽い犯罪と思われる行為に対して、疑いを持たれている人が「やりました」と認めたら、それは一応罰金刑にする事が出来るというもので、厳格なものではなく判例が形成される事はなく、前例が形成されます。

これで勘違いをして頂きたくないのは、今回は司法判断はされておらす、裁判によって、オンラインカジノが合法でないという事実構成、刑法に於ける構成要件の判断、違法性、有責性の判断がなされたわけではないという事です。

あくまでも司法判断を避け、前例をつけるための警察の動きと、パチンコ・パチスロ団体の保護を考える警察

このオンラインカジノのプレイヤーが逮捕をされたという事に関しては、警察当局が司法の場で白黒をつける事を避けて、国民全体にあたかもオンラインカジノ自体が良くない適法ではないものであるという事を植えつけるためのものであると推測をされています。

また警察とパチンコ・パチスロ業者との癒着が指摘されており、さらにパチンコの遊戯連盟などの関連機関は警察の天下り先となっており、しかも風営法は警察が当たっているものですから、天下り先を保護する目的もあるのではないかとも言われています。

オンラインカジノの運営企業の対応

日本人のプレイヤーが逮捕された事によって、合法的に運営をしているオンラインカジノの運営企業も国際的な問題として対応を検討をしており、それを公表をしています。

日本国内にたくさんのユーザーを抱えているプレイテック系の人気オンラインカジノサイト、「ジパングカジノ」「777babyカジノ」のリーガル部門は、自社ユーザーに対して、もし自社のブランド名称でプレイをしているユーザーに同様の問題が降りかかった場合には、当該国際裁判所に「向けて提訴をする意向を示しています。

オンラインカジノの運営企業も、様々な国々でオンラインカジノのサービスを提供をするために政府公認のオンラインカジノの運営ライセンスを取得し、さらに、各国のリーガルリサーチをし、展開が適法であるという事を充分に各国の法律の専門家と連携をして、実際にその国でオンラインカジノを展開をする事が出来るか、そうではないのか?という事を検討をしています。

ですから、今回のように、自社のプレイヤーに手を出されることは大変に心外なわけです。

日本国内にオンラインカジノの運営企業が続々と参入をしている理由というのは、法理論上は問題がないという事を各オンラインカジノの運営企業のリーガル部門、各国の法律の専門家などによって、日本人に対してオンラインカジノのサービスを提供する事自体は法に適合させた形で問題なく出来るという事で行っているのです。

オンラインカジノをプレイして良いのかという結論として

オンラインカジノをプレイをしても条件つきですが特段問題はありません。

ただ、日本人プレイヤーの場合には警察当局の恣意的な解釈によって略式起訴で常習賭博にて罰金刑を受けてしまったというプレイヤーがいる以上は、常習賭博に問われる可能性はゼロではなくなったというリスクで解釈をして頂くと良いでしょう。

ただ、日本国内のオンラインカジノのプレイは名文上の規定はありませんので、法律上合法じゃないという事ではありませんから、今後のオンラインカジノの規制について、その動きを充分に見ていく必要性があるという事は間違いがありません。

国内外にいる日本国籍のオンラインカジノプレイヤーの場合には、その国の法律によってそれが認められて場合には全く問題がありませんから、日本に在住をしていない方は、あなたが生活をしている現地法に従ってオンラインカジノをプレイをして下さい。